ハーブティーの歴史として史料に残っているのは、古代エジプトのパピルスの記録です。

医療用としてペパーミント、バジルなどの名前が記述されています。

生姜紅茶の作り方
ダイエットにも効果があるという、話題の生姜紅茶のレシピ。簡単においしく!
生姜紅茶の効果
冷え性対策、ダイエットなどの他、どんなことが期待できるのかご紹介します。
生姜紅茶の注意点
生姜紅茶を飲むときに、絶対にやってはいけないこととは、一体何でしょう?

ハーブティーの歴史

ハーブティーの歴史として史料に残っているのは、古代エジプトのパピルスの記録です。

医療用としてペパーミント、バジルなどの名前が記述されています。具体的にハーブの使用方法が書かれているページを読むと、ミイラの防腐剤として使用されていました。 また、美容マニアで有名なクレオパトラは、ハーブで染めた服をこよなく愛し、ハーブから抽出された香料と香油を肌や髪の毛につけ、ハーブから抽出された液で香水をつくって、日々、美容にいそしんだとされています。書物の中には、「ハーブ風呂」という記述もあり、クレオパトラはハーブをつかって相当な贅沢をしていたさまがうかがえます。

その後ハーブは古代エジプトから古代ギリシアへと伝わります。入浴剤や化粧品、飲用としても広く使われるようになり、また、中国の漢方薬のように医療用として使用することも日常化してきます。学校で習った人もいるかと思いますが、「医学の父」ヒポクラテスは、400種類以上のハーブをブレンドして、処方箋をつくったのもこの時代です。 そのうち、世は戦乱の時代になり、古代ローマ帝国が権力を握ると、ハーブはその名をヨーロッパ全土へとどろかせます。文明の進化のきっかけは常に戦争といわれますが、ハーブもそうで、戦争で負傷した兵士の薬として、ヨーロッパの隅々までハーブが広まりました。

中世に入るとハーブは…

上流階級の人々の嗜好品

まだ中国からオランダに紅茶が入ってきていない時代です。お城の広大な庭にはハーブ園がつくられ、いまのガーデニングの基本となります。当時、ハーブはバラに並んで金持ちの象徴だったのかもしれません。そうこうしているうちに十字軍が出てくる時代になり、十字軍が中近東やアジアへ進出して、ハーブを持って帰ってきます。 十字軍の東方遠征は、ハーブの調達が目的の1つだったという説もあるほどです。遠征先からはめずらしいハーブがヨーロッパに持ち帰られました。 やがて15世紀末に大航海時代入ると、ヨーロッパ各国は競うようにして、世界中からハーブとスパイスを持って帰るようになります。一部の上流貴族のものだったハーブがようやく庶民にも手の届くものになったのもこの頃です。

広告PR

ただし、医療目的のハーブの使用は、まだまだ一部の人にしかできない芸当で、当時の修道院(医療の役割をしていた)には、立派なハーブ園が広がることになります。医療用のハーブのノウハウは、この時点でまだ門外不出でした。 16世紀になって、やっと、ハーブは庶民の間にも広がっていきます。フランスでは文化・芸術の発展とともに香水の製造技術が発達し、さまざまな香水が誕生しました。

ルネサンスの頃になると、ハーブはお金を稼ぐ道具として、高値で取引されます。フランスのルイ王朝には、高級ハーブで洋服を染める染職人が何人も雇われており、王室は王のために高級なハーブだけをせっせと買い揃えていました。 やがてハーブはヨーロッパからアメリカへと伝わります。1649年にイギリスで起きた清教徒革命で迫害を受けたピューリタンが、メイフラワー号に乗りヨーロッパから新天地アメリカに移住した時代です。ハーブは家財道具と一緒に大切に運ばれ、アメリカ大陸に根を下ろすことになります。アメリカ大陸に存在していたハーブとヨーロッパのハーブが組み合されたりしながら、ハーブティーのバリエーションが大きく増えます。

19世紀に入ると、発達した科学のもとで、近代薬学が生まれます

ハーブのような天然の薬草に頼るだけでなく、今で言ういわゆる「薬」が生まれます。

ハーブも天然ハーブ100%配合だけでなく、化学的に配合され始めます。 ここからは、現代のわたしたちの生活にもあてはまるような出来事の連続です。どんなにすばらしい価値のある化学薬品にも副作用という問題があり、科学に傾倒した欧米社会は、2度の大戦を経験しながら、再度天然自然のハーブ大好き民族になります。大戦で経済的に国力が下がり、薬を満足につくれないといった背景もありました。ハーブと化学薬品の併存が行われてきました。

そして1960年代へ突入します

ベトナム戦争開始

言わずとしれたが戦争が始まります。未だに団塊の世代の人で、そういう思想をひきずっている人もいますが、自然回帰思想であるヒューマンポテンシャル運動がはじまり、その運動にまぎれて、日本にようやくハーブが入ってきます。 当時は「ハーブ」という言葉すら知る人はほぼおらず、どういうわけだか人々の関心もありませんでした。最初のころは、民間療法で使用されていた蛇のハブのお茶と勘違いされたり、ハイビスカスティーの赤い色を見てハブの血の飲みものと間違えられるなど散々な状態でした。 ハーブティーが、アロマ効果があるなどとして、非常にオシャレな飲み物と認知されだしたのは、本当にここ最近のことです。ハーブティーを買うという習慣は、少なくとも昭和20年代生まれの方には、なかったのです。最近、ハーブティーを知って、飲み始めたわけです。

広告PR

生姜紅茶について

生姜紅茶に入れる生姜にもこだわってみたい方へ
生姜紅茶と似た効果があるゴボウ茶がおすすめ

日本茶の基礎知識

中国茶の基礎知識

ハーブティの基礎知識

スポンサードリンク