漢方薬の知識が豊富な中国では、中国茶の起源も漢方薬からだと言われています。

中国茶に含まれている美容効果について。

生姜紅茶の作り方
ダイエットにも効果があるという、話題の生姜紅茶のレシピ。簡単においしく!
生姜紅茶の効果
冷え性対策、ダイエットなどの他、どんなことが期待できるのかご紹介します。
生姜紅茶の注意点
生姜紅茶を飲むときに、絶対にやってはいけないこととは、一体何でしょう?

中国茶の美容効果

中国茶のルーツを辿って行くと、漢方薬に辿り着きます。

中国茶,美容,効果
紀元前のお話ですので、どこまでが本当で、どこからが伝説なのか判然としませんが、おいしいとか、見た目に美しいというお茶の見た目ではなく、この茶葉を飲んだら風邪の予防にいいとか、美肌になったとか、そういう健康や美の処方として、お茶は中国で生まれたようです。 近年、日本においてサントリーの黒烏龍茶が、日本国内の特定健康食品に認定され、多くの人が肥満防止と称して、愛飲しているように、昔の中国人も、肥満防止で烏龍茶を飲んでいたと思われます。

中国人をイメージした時に、すごく太っている人が少ないのは、民族の血もあると思いますが、烏龍茶を飲むことで、潜在的に生活習慣病を予防することが出来ているのかもしれません。 中国の発言は眉つばものと思うのは、その人の偏見であって、こと中国茶に関しては、現在では、その効能効果が科学的に立証されており、世界的な健康志向のブームもあってか、非常に注目されています。

■中国茶の抗ガン作用

中国茶はかなりの種類がありますが、簡単に言えば、どれも同じ茶樹からとれた茶葉で、発酵の度合いが違うだけです。どんな中国茶も、抗ガン作用があります。茶葉の成分が発ガン物質を抑制するわけです。具体的には茶葉に含まれるカフェインやビタミンC、タンニン(カテキン類)が発ガン性の物質を抑制します。 ガンの研究はいま現在も進行形であり、100%これが正解とされるものは少ないのが実情ですが、発生する段階の発ガンイニシエーションとガンが育っていく発ガンプロモーションの段階を経て発ガンするというのが現在の説です。その発ガンイニシエーションに作用する物質をイニシエーター、発ガンプロモーションに作用する物質をプロモーターといいます。これらの物質を抑制する働きについて、茶由来のフラボノイドやポリフェノールが非常に有効であるとされています。

中国茶でアンチエイジング

美容効果について

中国茶に含まれるカテキンが、老化防止成分として注目されています。言わずと知れたアンチエイジングに非常に効果が高いとか。老化は、肌や脳の酸化が原因です。よって抗酸化作用のある物質を食べたり塗ったりすればいいのです。抗酸化作用が強いカテキンは、体内で老化の元となる過酸化脂質と結びついている活性酸素を減らすので、中国茶はアンチエイジングに良いとされています。 アンチエイジングの肌クリームなどは、ものすごく開発が進んで、名前も聞いたことがない物質が配合されていたりします。化粧品は好き、嫌いがありますので、なにを使うかはその人の好みですが、アンチエイジングクリームを使用しながら、中国茶を飲むと、体内からアンチエイジング効果が期待できます。

広告PR

■中国茶で食中毒防止

食中毒を起こす菌の代表的なものにボツリヌス菌があります。海外に行って現地の水を飲むとお腹を壊すと言われていますが、海外の水にはボツリヌス菌が含まれています。浄水の技術が未発達なんですね。海外では、仕方なくミネラルウオーターを飲みますが、台湾や中国に行けば、熱く沸かしてくれたお茶を飲めば、食中毒を防げますし、お茶でお腹を下す確率もぐっと低いものです。ボツリヌス菌は非常に元気な菌ですが、ボツリヌス菌以外の比較的元気のない菌だって死んでしまいます。中国に行けばミネラルウオーターではなく、熱く沸かした中国茶を飲んだ方がいいでしょう。

■中国茶で風邪を予防する

風邪をひくメカニズムは非常によく研究がなされており、お医者さんにかかっても「うがいをしましょうね」と、うがい薬をくれます。家にうがい薬があってさしてうがい薬の処方が必要なくても、とにかく医者はうがい薬を薦めます。つまり、気管で風邪菌は増殖するので、なにがなんでもうがいが命ということです。 菌が比較的強いインフルエンザウィルスにも、中国茶の持つカテキンの効果はあると言われています。お茶でうがいをすればいいのです。

■中国茶は虫歯菌も消す!

虫歯も細菌感染症の一種です。ガン細胞や風邪の菌を消す中国茶は、虫歯菌にもそのパワーを遺憾なく発揮するそうです。これもカテキンの効果。カテキンが虫歯菌の活性を抑制して、歯垢(しこう)を抑えてくれるとされています。

烏龍茶ダイエット

ポリフェノール

烏龍茶の効能効果は、日本ではよく知られています。脂肪が吸収されないとか、脂肪分が胃や腸に吸収される前に、体外に排泄されるとか、とにかく脂肪を体にくっつけない効果があります。また、肥満のもとである中性脂肪を分解する効果もあります。

■中国茶のカフェインって?

コーヒーにカフェインが含まれていることは周知の事実ですが、中国茶にも含まれています。脳の働きを活発にしてくれます。中国茶を飲めばすばらしいアイデアがひらめくかもしれません。カフェインには、疲労を回復する効果もあります。消化液の分泌をよくする効果もあります。便秘にはいいかもしれません。高血圧の抑制の効果もあります。

広告PR

生姜紅茶について

生姜紅茶に入れる生姜にもこだわってみたい方へ
生姜紅茶と似た効果があるゴボウ茶がおすすめ

日本茶の基礎知識

中国茶の基礎知識

ハーブティの基礎知識

スポンサードリンク