中国茶は茶葉の発酵具合によって、種類を大きく分けることが出来ます。

中国茶の茶葉の種類について

生姜紅茶の作り方
ダイエットにも効果があるという、話題の生姜紅茶のレシピ。簡単においしく!
生姜紅茶の効果
冷え性対策、ダイエットなどの他、どんなことが期待できるのかご紹介します。
生姜紅茶の注意点
生姜紅茶を飲むときに、絶対にやってはいけないこととは、一体何でしょう?

中国茶の種類と分類

中国茶の分類は、茶葉の発酵の度合いによって、大別されます。

茶葉は摘んだ時点から自身で持っている酸化酵素の働きで発酵が進みます。この発酵に微生物は関与せず、茶葉自らが自家発酵します。そのままにしておいたら、ずっと発酵し続けるので、熱を加えて、発酵を適当なタイミングでストップさせます。

(1)緑茶 不発酵茶と呼ばれています。茶葉を摘んですぐに茶葉の持つ酸化酵素の働きを止める為に熱を加えます。日本における緑茶は蒸して発酵を止めますが、中国の緑茶は釜煎りと呼ばれる方法で、発酵を止めます。

(2)白茶 弱発酵茶とも呼ばれます。茶葉を揉んだりなどの発酵を促す作業をせず、萎れさせる感じで自然に軽く発酵させて作るお茶です。

(3)青茶 半発酵茶と呼ばれます。茶葉の酸化酵素による発酵を途中で止めて作るお茶です。半発酵と呼ばれていますが、発酵度は約15%~70%とかなり幅が広いので、青茶でも緑茶に近いものから紅茶に近いものまでバリエーション豊かに存在します。

(4)紅茶 私たち日本人にも馴染みの深い紅茶です。完全発酵茶と呼ばれます。茶葉を酸化酵素の働きで完全に発酵させたお茶です。インドやセイロンのイメージが強い紅茶ですが、最初は中国の福建省で生産され始めました。中国紅茶はタンニンが少ないため、ストレートでも非常に飲みやすいのが特徴で、食事にも合うものが多いようです。

(5)黄茶 後弱発酵茶に分類されます。中国茶の中で一番複雑な工程で作られ、生産量も少ない希少なお茶です。お茶です。黄茶の代表的銘茶である君山銀針は、清の皇帝にこよなく愛されたお茶として有名。

(6)黒茶 後発酵茶と呼ばれています。発酵を止めた後に、微生物の力を借りて、さらなる発酵を促進させます。黒茶には円盤状に固めた「餅茶」、丸く半球状のお椀型に固めた「沱茶」、煉瓦型に四角に固めた「磚茶」などの緊圧茶と、茶葉がバラバラになっている散茶があります。

この6つが、発酵によって分類される中国茶のカテゴリーになります。こうしてつくられた茶葉をベースにして以下のようなアレンジを施しているお茶も中国にはあり、私たち日本人にもなじみが深いお茶もあります。

■花茶

花茶とは薫花といって

お茶に花や果汁で風味をつけたお茶や、香花といって花自体にお湯を注いで花のエキスを飲む乾燥させた花などがあります。茶葉に香花を好みでブレンドして飲む場合もあります。一例としては私たち日本人にもなじみの深い茉莉花(ジャスミン)茶があります。茶葉に開く寸前のジャスミンの香りだけをつけてつくられます。 ジャスミン茶の高い、安いは、香りづけの工程を何回行うかによっても決まります。

金木犀で風味をつけた烏龍茶、紅茶、など、他にも多くのバリエーションがあり、中国では非常に人気の高いお茶です。プーアル茶+菊の花とか、プーアル茶+めいくい花などがあります。茶葉3:花1の割合が基本で、好きなようにブレンドをして楽しめることもあって、若い女性を中心に人気が高まっています。

広告PR

●工芸茶

茶葉を糸で束ねて形作り、お湯を注ぐと美しく開くようにつくられたお茶です。

1980年ぐらいから製造が始まった比較的新しい分野のお茶です。味や香りを楽しむだけでなく、見た目も楽しめるという利点があります。茶葉だけを束ねたものが最初に作られ始めましたが、今ではさまざまな花を包み込んだ工芸茶があります。一つ一つが手作りのため、手間隙がかかりますが、開いた姿が芸術品のように美しいと評判です。

■分類ごとの代表的な銘柄

(1)緑茶   西湖龍井茶

中国浙江省西湖周辺で主に生産されています。4月10日前後の「清明節」以前に摘まれた若々しい新芽で作られた茶葉が一番美味しくて高価であるとされています。やわらかい味と香りを持ちつつ、香ばしい風味を持つ、絶妙な味が多くのファンを魅了しています。

(2)白茶   白牡丹

中国福建省で主に作られるお茶です。白茶には一芯一葉の「白芽茶」と一芯二葉の「白葉茶」があります。白牡丹は白葉茶タイプのお茶で淡い甘味と香りで癒される香りを持ち合わしたお茶です。体の炎症を抑える効果があり、肌の炎症予防や暑気払に最適なお茶として、漢方のように中国では親しまれています。

(3)青茶   安渓鉄観音

日本人にもなじみの深い福建省安溪産の鉄観音。同じ鉄観音でも茶葉によってランクがあり、発酵度、焙煎などでも多くのバリエーションがあります。品質のいい鉄観音茶は花のような甘い香りが楽しめます。種類が豊富にあるので、鉄観音だけのコレクターがいるほど。

武夷鉄羅漢…中国の四大岩茶の一つに武夷鉄羅漢というお茶があります。鉄観音に並んで青茶のなかで有名なお茶です。中国福建省武夷山の岩山で採れます。体を温める効果があり、風邪の予防などに有効とされています。

文山包種茶…青茶の代表として、文山包種茶も外せないお茶です。こちらも福建省武夷山で製造が始まったといわれています。しかし、現在では台湾でしか作られていない台湾四大銘茶の一つです。清らかでありながらどこかしら気高い香りが特徴的です。発酵度はわりに低く、茶葉には緑色が残り、限りなく初夏の新緑を思えわせる緑茶に近い色をしています。

(4)黄茶   君山銀針

中国湖南省の

洞庭湖に浮かぶ君山という小さな島で採取されるお茶です。生産量が少ないことで有名。高貴な香りと深みのある味わいが特徴。若干甘い味がします。葉の表面に残る黄金色の産毛は若い葉を使用している証拠。希少なお茶です。

(5)黒茶  雲南七子餅茶 プーアル茶を餅の型に緊圧したお茶です。1円玉を5枚くらい重ねたサイズで売られています。以前は一束7個単位で売られていた為、この名前が付いたのだとか。ヴィンテージものなるものが存在し、かなり高値で取引されているとのこと。

雲南沱茶… プーアル茶をお碗のような形に緊圧したお茶です。雲南省下関で作られたもの品質が良く有名。

スポンサードリンク

生姜紅茶について

生姜紅茶に入れる生姜にもこだわってみたい方へ
生姜紅茶と似た効果があるゴボウ茶がおすすめ

日本茶の基礎知識

中国茶の基礎知識

ハーブティの基礎知識

スポンサードリンク